TILT

てぃると。心の底から書きたいことを書く。

kindle paperwhiteを7300円引きで買ったので感想を書く。

注文していたkindle paperwhiteが届きました。

 

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 

 

Amazonで年末セール7300円引きで販売していたから、まんまとAmazonの戦略に乗って買ってしまった。僕と同じような人、多いんじゃないだろうか。

 

購入したのは、Wi-Fi」「広告なし」で色は「ブラック」のもの。1万円でおつりがきた。

 

完全なる衝動買いかというとそんなことは無くて、実は1年ぐらい前から購入を検討していた。

 

「値段が高い」「電子書籍というものがいまいち信用できない」という理由でなかなか手が出せずにいたのだけど、今回のセールでようやく買うことができた。

 

今年も頑張ったから「自分へのささやかなご褒美」ってやつだ。

 

で、早速なんで使用感とかもろもろ書いてみたい。

 

 

 

 

駄目なところ

 

まずはダメなところから。

 

いきなり批判するのもどうかと思うが、やっぱり気になる。

 

 

タッチに対する反応が悪い(遅い)

 

まずはこれ。

 

kindleスマホのようにタッチ操作で画面を切り替えるんだけど、どうも反応が悪いときがある。一瞬で画面が変わってくれるといいんだけど、1秒間ぐらいのもたつきがある。

 

あと、メニューを出すときに困る。画面の上部をタッチするとメニューが表示される仕組みなんだけど、メニューが出てくるのにも、1~2秒ぐらいかかる。

 

設定でメニューを出しっぱなしにできたらいいんだけど、それはできないみたいだから、メニューを出そうとするたびに毎回微妙なタイムロスが発生する(僕が短気で気になるだけかもしれない)。

 

あと、読書中間違って画面の上のほうに触れてしまうとメニューが表示されて、イライラすることがある。

 

 

まだまだ買える書籍の量が少ない

 

とりあえず、買ってすぐにやったのが書籍のダウンロード。

 

「あの本読みたいなー」と思って検索をしてみたけど、kindle版が存在しない本が多かった。

 

スマホAmazonの方に接続するとちゃんと欲しい本があったので、やはりkindle用には用意されていないだけ。

 

切実に書籍の種類を増やしてほしいと思う。

 

いくら電子書籍1つで数百冊の本が持ち運びできると言っても、肝心の読みたい本がなければ意味がないわけで・・・。

 

マンガや新書、流行の本は一通りそろっている感があるけど、僕が読みたいのはもう少しマイナーな本。

 

毎年品揃えは増えていくと思うので、気長に待ちます。

 

文字の薄っすい書籍がある

 

とりあえず昨日1日で30冊ぐらい本を購入してみたんですけど、1冊だけやたら文字が薄い本がありました。

 

本を開いて速攻で「読みづらっw」って声を出してしまった。ライトと同化してほとんど真っ白に見えた。いい本だっただけに残念。

 

kindleは文字の大きさとかゴシック・明朝は設定できるけど、文字の濃さは設定できないので、アップデートで設定できるようにしてほしい。

 

カラーで読んだ方が良い本もある

 

当然だけど、カラーで読んだ方がいいと思った本があった。

例えば、これ。

 

 

購入したはいいけど、「やっぱりカラーの方が分かりやすいんだろうなあ」というのが第一印象だった。

 

いわゆる「教本」とか「入門書」とかは、各出版社の編集が創意工夫を凝らしてわかりやすくしている。色を入れたり図を入れたりしているのもその一つ。

 

こういう本はやはり紙の本で読んだ方が、俯瞰性が高く、視覚的にもわかりやすい。

 

kindleの真価は「小説」とか「興味があるけど持つには至らない本」とか「思い本」を購入することにあるんじゃないかと買ってみて気づいた。

 

この辺は紙の書籍と使い分けが大事。

 

 

結構傷つきやすい?

 

悲しいことに、購入してすぐ、画面の周りの部分を何か堅いものにぶつけたらしく、ひっかき傷がついてしまった。

 

不注意な自分が悪いと言えばそうなんですけどね・・・。

いや、kindleは消耗品。そう考えれば悲しくなんてないさ・・・。

 

iPhoneのようにちゃんとケースに入れて持ち運びすることを強くおすすめします

例えば、「カバンに入れて持ち運んでいたら、思わぬところにぶつかってしまった」なんてことがあるかもしれません。

 

 

 

かなしい。

 

 

いいところ

 

次はいいところを紹介。手元にあるiPhoneSEとの比較多め。

 

思った以上に小さくて薄い、おまけに軽い

 

本当にサイズが小さい。写真の通り、DVDケースより小さい。大きめの文庫本サイズ。

f:id:tilt-tilt:20161231044211j:plain

 

iPhoneSEより少しだけ大きく、iPadよりは小さいぐらい。iPhoneより大きいのにiPhoneより軽いです。片手でずっともっていても、問題ありません。

 

 

目にも手にも優しい

kindleは目に優しい」というのはよく言われるけど、本当だった。何時間読んでいても全然疲れない。

 

普段は画面の明るさを最低にしても全然いける! 

 

暗所ではライトをつければいいし、本当に読む人のことを考えて設計されています。

 

ちなみに手にも優しい。樹脂が柔らかいし、画面もサラサラしていていい感じ。

 

iPhoneはカクカクしてそのままだと持ちにくいけど、kindleはカバーなしでも大丈夫(でもカバーはつけた方がいい)。

 

マンガ読むなら最高

 

kindleと言えばマンガでしょ。やっぱりマンガでしょ。

kindleの真骨頂じゃないかと。

 

マンガは買い始めると場所を取って邪魔になりがちだけど、kindle1冊にまとめてしまえば最高に楽。

 

画面が大きいので、本で読むより、絵が大きくて楽しめる。すごくいい。

 

 

電池が長持ち

 

「これ何時間もつの?」ってくらい電池が長持ち。

 

確かに照明を強めにしていると若干電池の減りは激しい気がするけど、それでもiPhoneの数倍もつ。

 

たぶん24時間は余裕でいける。

 

Amazonに接続していると電池の減りが激しくなるようなので、そういうときについでに充電しておいて、普段は電池の量をあまり気にせず使うといい。

 

 

ハイライト文章の共有

 

kindleには、本を読んでいて大事だと思ったところに線を引ける機能がある。

 

この機能が地味に便利。

 

なぜかというと、他の読者と線を引いたところを共有できるから。

 

みんなが線を引いている部分に「239人がハイライト」のように表示が出る。

 

f:id:tilt-tilt:20161231052737j:plain

 

重要なところには多くの人が線を引くようになるので、文章の要点とか面白いところが自然と分かる仕組みになっている。本当に素晴らしい機能。

 

 

無料本をダウンロードしまくり

 

ネット上で無料で手に入る本(いわゆる著作権切れの本)は、大抵無料で手に入る。

せっかくkindleを買ったなら、こうした無料本は是非入れておきたいところ。

 

草枕

草枕

 

 

源氏物語 [1]

源氏物語 [1]

 

 

 

The Great Gatsby (English Edition)

The Great Gatsby (English Edition)

 

 

探せばたくさんあるので、青空文庫とかproject gurtenbergあたりで著作権切れの本にはどんなものがあるのかあらかじめ探しておくといいかも。

 

 

Word Wiseとか言う神機能

 

英語学習している人なら、この機能に感謝するはず。

 

Word Wiseは、洋書を読むとき、難しい英単語に英語で定義をつけてくれる機能。

 

見てもらった方が早いので、写真を置いておきます。

 

f:id:tilt-tilt:20161231044236j:plain

 

確かにkindleには辞書機能もついている。だけど、Word Wiseのおかげで、ある程度の英語力があれば、辞書を引かなくてもどんどん読める。

 

受験で英語が必要な高校生からビジネスで英語が必要な人まで、あらゆる英語学習者にとって役に立つツールです。

 

 

おまけその1:Kindle Unlimitedは加入すべきか?

 

本の購入には、当然お金がかかる。

 

Amazonプライムの会員であれば毎月1冊は無料になる。

 

でも、1冊だと僕はちょっと不満。

 

ということでkindle Unlimitedに加入してみた。

 

無限に(=Unlimited)本が購入できるこのサービス。

 

加入後30日は無料でその後は月額980円。いつでも退会自由。

 

これは試さない手はないよね。

 

使用してみた感じ、これは加入してもいいかも。

 

 

加入にあたって注意しておきたいことをまとめてみる。

 

 

・すべての本が無料で購入できるわけではない

Amazonプライムの1冊無料対象の本とかぶる本も多い(プライム特権が活かしづらい)

・一定期間毎にUnlimited対象の本のラインナップが変わる

・ベストセラーが対象になっていることは少ない

・毎月10冊を超えて購入する場合、古い本1冊を削除しなければならない(読みたいときに再ダウンロードはいつでもOK)。

 

 

1日だけしか使っていないので、理解が間違っている部分もあるかもしれないけど、とりあえず書いてみた。

 

読書家の人は絶対加入すべきアイテムだと思う。

 

5000円を超えるような高価な本、なかなか手が出せない本も対象になっているので、1度は使ってみるべし。無料期間もあるしね。

 

 

ちなみに僕はこれをダウンロードした。

 

投資苑3

投資苑3

 

 

 この本を普通に買おうとすると、kindle価格で6264円だ。

 

普通なら高くて遠慮してしまう本もあっさり0円購入。素晴らしい。

 

Amazon Unlimitedを使えば、1日でkindleに費やした費用分を全回収できる。

 

というか元を取って、それ以上のリターンが来る。

 

ぜひ試してみてほしい。

 

 

おまけその2:アフィリエイターやブロガーにとってのkindle

 

アフィリやブログしている人はkindleを購入したら、仕事がはかどるんじゃないかな。

 

記事を書くために本をPCの横に重ねて、「あれどこに書いてたっけ?」と悩む時間は確実に減ると断言できる。

 

Amazonで本を注文してから手元に届くまでのタイムラグも0にでき、必要な資料があれば、ワンクリックで購入して即座に情報収集に移れるのはありがたい。

 

twitterfacebookとの連動もできるので、そうしたツールを集客に使っているブロガーさんは特に重宝すると思う。

 

いろいろと楽になるし、文明の利器はどんどん活用したいところ。

 

 

まとめ

 

いろいろと書いてきたけど、結論を言えば、買って正解だった!

 

正解どころか大正解!

 

kindleを活用する人はこれからもっと増えてくるだろうし、購入を考えている人はぜひ本記事を参考にしてみてほしい。

 

kindleはいくつか種類があるけど、今回のpaperwhiteがよかったので、また別な機体の購入も検討中。

 

あ、繰り返しになるけど、ケースは大事やで~。